下水道施設の調査・補修・施工

下水道施設の調査

photo

下水道施設(終末処理場、ポンプ場等)は長期使用により、老朽・劣化が見られるようになってきています。

そこで、適切な維持管理はもちろん、定期的に施設を調査・診断し、下水道状況を把握する必要があります。

設計図等の既存資料調査、及び現地調査結果から施設の現状を診断していきます。


 

下水道施設の補修

photo

下水道施設の調査を経た上で、劣化及び機能低下状況を明らかにした上で、適正な補修・修繕計画を作成します。

当社では、

 

シート型ライニング工法   塗布型ライニング工法

 

を用いての工事を行っていきます。

工法マニュアルについて精通しており、日々の訓練を欠かしません。


 

下水道施設の施工

下水道施設を設計段階から施工いたします。

施工場所や周りの環境を考えた施工をしていきます。

photo

 

下水道工事の工法

シート型ライニング工法

下水道施設では、コンクリートを防食被覆し、微生物の働きによって汚水・泥水から硫化水素や硫酸が生成される場合があります。

硫酸はコンクリートを腐食することから、維持管理上の大きな問題となっています。

耐硫酸性に優れたビニルエステル樹脂による二重の防食被覆層を有する工法であり、下水道施設の新設や補修に適用することによって優れた防食効果を発揮します。 

 

 

塗布型ライニング工法

シート型ライニング工法では、施工しにくい場所でも、塗布することにより細かな部分にも防食を防ぎ、耐硫酸性に優れ下水道を硫酸から守り、コンクリートを長く保ち、維持管理を容易します。